FXトレードでやったるで!!

FXをものにするために日々の奮闘中を記載していき、後で見返したり が可能な状態にするためのものである

タグ:ポンド円

こんばんは

ドル円、ポンド円、ボンドドルは軒並み上昇するとみてロングエントリーしました。
少し根拠はないのですが、まだ上昇する力はあるだろうとみています。
ポンド円についてはそこまで上げないかなと思っているので
長期で持つ予定はありません。

全部予想外の動きをされると大きい痛手です。

さて、どうかなー

ポンド円 15分

キャプチャ

ドル円 15分

キャプチャ1


ポンドドル 15分
キャプチャ2





 

為替・FX ブログランキングへ

こんばんは

昨日ドルカナダのチャンスじゃなイカとブログに書きましたが
今はこんな感じ。

4時間

キャプチャ
いわずもなが、赤点線はエントリーポイントです。
1.30100を目標にしているので、、長いです。
いっきに下がらないかなと


他に、ポンド円はどうでしょうか
4時間
キャプチャ1

上のチャートだと移動平均線がデットクロスになるタイミングなので
下落にいきそうです。
しかし日足を見るとそう判断するに難しいところかなと思ってます。


日足
キャプチャ3

波動理論となりますが、まだA波または1波とカウント。
4時間的には下落サイクルが完了して上昇サイクルに向かうタイミングと
考えているので、少し様子見です。
相手はポンド通貨なので慎重にやらないと切られます。



下記をクリックするとFXブログランキングへ行けます。

為替・FX ブログランキングへ

こんばんは

青丸はエントリー個所

15分 ポン円
キャプチャ


1時間 ポン円
キャプチャ1
1時間MAを超えましたね。
あとは次のラインまでとまることはないでしょう

15分 ユロ円

キャプチャ2
いいとこで入れました。


ユロエン 4時間
キャプチャ4

赤点線は損切とレジスタンス

上にある点線は損切ラインを都度変更
 
下にある点線箇所が決済ポイント


下記をクリックするとFXブログランキングへ行けます。

為替・FX ブログランキングへ

こんばんは。

今日は関東はいい天気です
今週は体調悪かったけど、、この三連休で直さなければいかん
そんな中でもパチンコ行きたかった。。いかなかったけど


チャートの色を変えました。黒だと画像にしたときや
四角ボックスにしたときに見にくいので。


始めはポンドドル

サイクル分析
1.19568辺りの安値からカウント10本目/4時間は51本目

予想ライン

 ピンク線:第一
 オレンジ線:第二
 青線:第三

まだ、下落の時間でないのですが、一時的に下がるとみています。
1.125200くらいまで上昇してから下がるかなと。。
下がってから保ち合いした後の上昇。

日足

キャプチャ



ポン円

日足

キャプチャ1

ポンドドルは下がるのに、ポンド円は上がる?
ここは腑に落ちないですが、、分析の結果。

予想ライン
 ピンク線:第一
 オレンジ:第二

青ラインは、第一第二予想が外れた場合に下に抜けたときには
方向がかわったと判断する場所。

ポン円は137円まで上昇すると、今値の135から200P取れるので、とっていきたいです。
137円は今週中に行くと思いますので、二日くらいでいっきに上がっていくのかな。

サイクルカウント
126.650辺り安値から4時間:52本目/日足:9本目


下記をクリックするとFXブログランキングへ行けます。



為替・FX ブログランキングへ


おはようございます。

9/2にポン円予想を書きましたが合っているのか確認します。
このまま安値を超えることはなく、もう少し下がっての
上昇するとみています。青矢印の赤水平ライン付近まで
下落後青矢印の動きとみています。
 
キャプチャ
黄色縦線は、9/2の時点の動き
127.457辺りまで下落してから上昇と考えていたので
予想を超えた126.647まで下落となりました。
自分、資金に余裕があるときに損切入れたりしないで
信じることもあるので、100Pも予想外れはボロ負けですね(笑)



来週の動きですが、下落かなと。。。

4時間
キャプチャ
黄色線が第1予想
水色線が第2予想

上昇は132を超えたら、上の予想は外れても、勢いはそこまでないと思っているので
上昇の勢いがなくなるタイミングを見て、ショートします。

130.50まで下落。。
それ以上の下落もあるのでしょうが自分はそこまでを見ています。

サポートラインと75MAが待ち構えているので、そこを超えるためには
材料が必要になってきます。
今今の市場ではそんなに材料はない気もするので。。



為替・FX ブログランキングへ

このページのトップヘ